Q&A

 

page2_24東武医学技術専門学校 Q&A

ml

page5_07国家試験・資格のこと

q

臨床検査技師になるのは大変ですか?

a

本校は45年以上の実績と伝統・経験から臨床検査技師になるためのカリキュラムを組んでいます。そこで大切なのは、あなた自身の「臨床検査技師になりたい!」という強い意志です。3年間勉強に集中するのは簡単ではありませんが、その苦難を乗り越えることが将来の医療人として重要になります。学校もあなたの想いを応援します。一緒に頑張りましょう!

q

臨床検査技師の国家試験はいつ頃受けるのですか?

a

国家試験は3年生の2月に実施されます。合格発表は3月末となっています。

q

臨床検査技師の国家試験の合格基準について教えてください。

a

合格基準は、全体の6割以上の正答率です。筆記試験(マークシート形式)で、午前100問・午後100問の計200問の試験ですので120点以上が合格となります。

q

国家試験の内容や問題は、出身校(4年制大学・短大・専門学校)によって違うのですか?

a

いいえ、出身校によって臨床検査技師国家試験内容や合格基準に違いはありません。全て統一で行われます。

q

もし臨床検査技師の国家試験に不合格となった場合はどうなりますか?

a

本校では国家試験不合格者を出さないことを第一に考えて対策をとっていますが、万が一不合格となってしまった場合のため、聴講生制度を設けております。翌年現役の3年生と一緒に学び、次回の国家試験に臨みます。 また就職面では、採用時、臨床検査技師免許取得を条件に内定を出してくださる医療機関については、残念ながら国家試験に落ちてしまった場合、内定は取り消されてしまいます。つまり、日々の勉強、国家試験合格そして就職は繋がっており、1年生からの日々の学習が非常に重要になります。

page5_07勉強や授業のこと

q

1日の授業時間はどうなっていますか?

a

講義・実習ともに1時限90分です。時間割は原則下記のようになっています。
1時間目 9:10~10:40  2時間目10:50~12:20
3時間目13:20~14:50  4時間目15:00~16:30

q

1クラス何人で授業を受けるのですか?

a

1クラス40人制です。講義は、40人単位で受講し、実習では6~7人を1班とした班単位で実習します。

q

高校で化学基礎・生物基礎・物理基礎を履修していないのですが、授業についていけるかが心配です。

a

本校に進学後、1年生の授業で化学・生物・物理などの基礎科目の授業があります。その中で担当教員が分かるように授業を進めます。ただ、入学後に授業があるからと安心せずに、高校の教科書や参考書を見直すなど、個人で勉強を進めることをお勧めします。
本校では、入学予定者の方に対して入学前の基礎学力向上と学習習慣を身につけることを目的に、基礎課題に取り組んでいただき添削指導を行ったり、例年12月には10月・11月の入試で合格された方を対象に入学前登校日を設けて入学までの学習アドバイスなどを行ったりしています。
入学後も、積極的に自分から勉強できるよう、学習習慣を今のうちに身につけておきましょう。分からない部分は入学後、本校の先生にどんどん質問してみてくださいね。

page5_07卒業後の進路のこと(就職・大学編入学など)

q

就職率は何%ですか?

a

就職希望者については、例年100%の就職率をあげています。多くの学生は2月下旬の国家試験前に内定をいただきますが、中には国家試験終了後に就職活動に本腰を入れ始めて3月末までに内定が取れなかったという場合もあります。しかし、4月以降も就職希望者に対し、求人情報を紹介したり、履歴書添削や面接指導を行ったりと卒業後の就職支援も行っています。2017年も4月に就職希望者全員の就職が決定しました。

詳しくは進路実績をご覧ください。

q

臨床検査技師免許取得後、地元でのUターン就職を希望していますが大丈夫ですか?

a

埼玉県外からの出身者が半数以上在籍している本校では、地元に戻っての就職を希望する学生も多く、各地域の病院からの求人も多数あり、Uターン就職も十分できる環境にあります。一方で、卒業後の認定資格取得のために、そのまま首都圏で就職をし認定資格取得を目指す卒業生もいます。

q

大学へ進学、または編入学する学生はいますか?

a

卒業後、同系(臨床検査専攻など)の大学3年次編入学試験を受験することが可能です。近年では弘前大学医学部保健学科(2018)、群馬大学医学部保健学科(2017)、新潟大学医学部保健学科(2017)への編入学実績があります。
また、大学編入のほかに細胞検査士養成所へ進学実績もあります。
ほかにも就職後、働きながら学べる放送大学への編入学を希望する卒業生も増えてきています。

q

臨床検査技師として働いた後、結婚などの理由で退職した場合、その後の再就職は可能ですか?

a

臨床検査技師として働いた経験があれば、比較的再就職はしやすいかと思われます。またパートタイムの募集(健診、採血業務など)も多くあります。

page5_07学校のこと

q

東武医学技術専門学校は認可校ですか?

a

本校は埼玉県認可、厚生労働大臣の指定を受けた臨床検査技師養成の専門学校です。認可校ですので通学定期や交通機関の学割も利用できますし、国家試験の受験資格も得られますのでご安心ください。(臨床検査技師養成所第009号)

q

大学に比べて専門学校の良い点はどこですか?

a

専門学校卒でも大学卒でも、結果的に取得できる臨床検査技師免許は同じものです。ただし、専門学校は臨床検査技師学校養成所指定規則に則った教育を行っている施設として、文部科学省・厚生労働省から認められた学校(指定校)です。つまり、臨床検査技師教育を専門に行っている教育機関として、そのために必要な時間・質の教育を行っています。
よって「臨床検査技師になりたい!」と気持ちが固まっている人にとっては、最適なカリキュラムが用意されていると言えます。実習も、大学に比べ専門学校の方が長期間行っているケースが多くあります。
そして専門学校は大学より教育期間が1年短いため、入学してから4年後には学費(支出)の代わりに収入を得ることができ、費用の面でも大きな差が生まれます。もちろん、1年早く就職できるため、自分のキャリアや現場経験も積むことができます。
さらに、専門学校を卒業後は大学3年次への編入学も可能ですので、すでに臨床検査技師免許を取得していれば、大学での2年間は研究などの自分の好きな勉強に打ち込むこともできます。

q

男女比について教えてください。

a

学年により多少前後しますが、だいたい3:7=男性:女性の割合になっています。

page5_07学校生活のこと

q

担任の先生はいますか?どんな先生がいますか?

a

はい、各学年に臨床検査技師である担任の先生(常勤講師)がいます。
また、大学・研究所・病院をはじめとした医療機関より非常勤講師をお招きしています。そのため、より現場で検査に携わっている先生方の講義・実習・声を聴くことができます。

q

学生寮はありますか?

a

本校独自の学生寮はありませんが、学生会館を運営している会社と提携し、そちらを紹介しています。学生会館には管理人さんが駐在し、食事の提供もあるので防犯・健康などの面でも安心でき、「勉強に集中できる」と入居する学生もいます。また、学生会館にはさまざまな分野の学生がいるので、活気ある寮生活を送っているようです。

共立メンテナンス橘学生会館

q

クラブ活動などはありますか?

a

はい、あります。学生が主体となり、フットサルクラブ・ソフトボールクラブなどが活動しています。勉強に忙しい毎日ですが、初心者から経験者まで定期的に楽しく活動しています。
詳しくは、キャンパスライフをご覧ください。

q

学校はどんな雰囲気ですか?

a

本校は総定員数が240名(臨床検査科3学年総定員)とそれほど大きい学校ではありません。だからこそ、先生も学生一人ひとりに対して目が行き届きやすく、質問なども気軽にすることができ、学生同士も切磋琢磨しながら勉強できる環境になっています。
その名残からか、卒業後も、近況報告や求人紹介などで学校に顔を出してくれる卒業生もたくさんいます。

page5_07入試のこと

※2020年度生入学試験 募集要項に沿ってお答えします。

q

併願制度について教えてください。

a

特待生入試Ⅰ期・Ⅱ期及び一般入試Ⅰ~Ⅴ期において、大学・短期大学(学部学科不問)、公立の臨床検査技師養成専門学校と併せて受験する場合、併願制度を利用し、受験することが可能です。 併願受験をご希望の方は、出願時に併願申請書をご提出ください。手続をとることにより入学手続締切日が猶予され、併願先に合格し本校を辞退する場合、入学金の約半分を返還します。
詳しくは、募集要項特待生入試について一般入学試験についてをご覧ください。

q

特待生制度はありますか?

a

年2回、特待生入試を実施します。
試験により特待生として認められた場合、ランクに応じて、1年次授業料から10/30/60万円いずれかの額を減免します。
特待生として認められなかった場合でも、本校の合格基準に達していると判断された場合は減免なしの「合格」となります。
また、特待生入学試験以外の入試制度(推薦・AO・一般・社会人)で合格している場合は、特待生入試を「特待生認定試験」として、入試の合格を保持したまま受験することができます。
 詳しくは特待生試験についてをご覧ください。

q

合格基準について教えてください。

a

合否判定は、各入試内容により配点は異なりますが、各入試で実施される事項の60%を合格基準とし(特待生入試を除く)、最終的に本校の入試委員会で決定します。

q

一度不合格になっても、再受験することは可能ですか?

a

はい、再受験できます。
その場合、再度受験料をお振込みいただき、所定の出願書類をご提出ください。なお、調査書・卒業証明書は再度提出する必要はありません。
なお、AO入試を複数回受験することはできません(他の入試制度で再受験することはできます)。

q

学校見学・入学相談等は行っていますか?

a

毎日9:30~17:00の時間帯で学校見学を受け付けております(ただし、日・祝日・休校日は除きます)。
お電話(0120-420-889)か、学校見学 申込みよりお申し込みください。

page5_07学費のこと

q

入学金・授業料はどの程度かかりますか?

a

1年次の学納金は、年間136万円です。(内訳:入学金20万円、授業料60万円、実験実習費32万円、施設維持費24万円)
詳しくは、学費・奨学金をご覧ください。

q

上記以外にかかる費用について教えてください。

a

上記のほかに、「学生預り金」という項目があり、学生個人にかかる費用の支払いに充てられます。 本校には、大学でいう生協がありませんので、実習関連用品は、学校が一括して購入します。白衣や上履き、3年次臨床検査技師国家試験模擬試験、および会費(後援会・自治会)など、購入・使用した分を引き落とし、残金につきましては、卒業時に全額返金しております。 「学生預り金」には年間約12~14万円程度かかります。(金額は学年により異なります。)
また、教科書代(3年間で約15万円)、1・2年生を対象とした海外研修旅行費(約16万円・参加希望者のみ)につきましては別途発生いたします。

q

奨学金制度はありますか?

a

日本学生支援機構奨学金はもちろん、東武医学技術専門学校後援会奨学金、本多静六博士奨学金、さいたま市奨学金などがあります。
■日本学生支援機構奨学金
貸与奨学金(第一種・第二種)と給付奨学金(高校からの予約採用のみ)があります。
 ◇第一種奨学金(無利子)
 【自宅通学】貸与月額2万・3万・4万・5万3千円より選択
 【自宅外通学】貸与月額2万・3万・4万・5万・6万円より選択
 ◇第二種奨学金(有利子)
  貸与月額2万~12万円の中から1万円単位で選択

■東武医学技術専門学校後援会奨学金
本校入学後、1年生の後期より申し込みが可能な奨学金です。1年生前期分を除く学納金を無利子で貸与しております。採用枠は若干名とし、学校長の推薦と後援会の審査が必要となります。

page5_07社会人・大学生からの入学について

q

30代で入学した方はいますか?また、就職はどうなりましたか?

a

20代後半~30代前半で入学した学生は過去に何人もいます。社会人の多くの方は目的意識が高く学業にも熱心に打ち込むため、無事就職を果たしています。年齢の高い入学者の方の不安はやはり「就職」です。しかし、一時期より年齢による制限等も緩和され、近年では、今までの経歴を一種のスキルであると高く評価して採用する施設もあります。ただこれは採用する側の考え方や方針であり、一概に全ての医療機関に該当するわけではありません。臨床検査技師の場合でも、30代後半以上での卒業ですと選べる就職先は限られてきますが、病院をはじめ検査センターなどへの就職実績があります。

q

社会人学生は何人位いますか?

a

例年若干は変動しますが入学者の約20%が社会人・大学生などの高校既卒者です。年齢は20代から30代半ばぐらいまでと幅広くおります。「検査センターでアルバイトをしていて興味を持った」、「大学に通っていたけど進路変更をしたい」など、入学動機はさまざまですが、それぞれが自分自身の目標に向かって、日々努力を積んでいます。
本校では、実習や学校行事なども多いので、このような機会を通して絆を深め、全員で国家試験合格・就職に向けて頑張っています。

q

私は大学生なのですが、入学試験を受けることは可能ですか?

a

はい、可能です。ただし、出願の際に必要となる書類は、出身高校のものが必要になりますのでご注意ください。

q

入学に際して年齢制限はありますか?

a

入学に際しての年齢の制限は特にありません。高等学校を卒業(高等学校卒業程度認定試験合格を含む)あるいは卒業見込の方であれば、どなたでも入学、卒業、国家試験の受験が可能です。しかし、年齢によっては資格取得後の就職で、制限(ハンデ)があることもあります。