特待生入学試験について

特待生制度【学費減免制度】(平成31年度生)

<特待生入学試験>
・学力試験2科目(数学Ⅰ・A、理科【化学基礎、生物基礎から1科目選択】)、面接試験及び書類審査により判定し、A・B・Cいずれかのランクに該当すると認定された場合、1年次の授業料より減免されます。
・特待生入試は併願制度を利用することができます。
・特待生と認められない場合であっても、本校の合格基準に達していると判断された場合、合格となります。

special_page

選抜方法
・書類選考
・面接試験
・学力試験2科目(数学Ⅰ・A、理科【化学基礎、生物基礎から選択】)

<特待生認定試験>
・他の入試制度(推薦・AO・一般・社会人)で合格している場合は、特待生入学試験を特待生認定試験として受験することができます。(受験料無料)
・学力試験2科目(数学Ⅰ・A、理科【化学基礎、生物基礎から1科目選択】)
・結果はランクB、ランクC、該当なしの3通りとし、特待生として認められた場合は、1年次後期授業料より減免します。(特待生として認められない場合でも、以前に受けた入試での合格は保持されます)

special_page

※特待生認定試験についての詳細は、合格通知に同封されている案内をご覧ください。

page5_07特待生入学試験 日程

試験日 受付期間 結果発送日
Ⅰ期 平成30年11月10日(土) 平成30年10月18日(木)
~平成30年11月8日(木)
平成30年11月14日(水)
Ⅱ期 平成31年2月16日(土) 平成31年1月31日(木)
~平成31年2月15日(金)
平成31年2月20日(水)

よくあるご質問

  • Q.公募推薦で合格をいただきました。特待生にチャレンジしたいのですが、どうすればよいですか?
  • A.特待生認定試験で特待生にチャレンジすることができます。ただし、特待生入試のⅠ期またはⅡ期のいずれかに間に合うように、入学金納入など所定の手続きを終了している必要があります。特待生認定試験の詳しい案内は合格通知に同封しますので、そちらでご確認ください。
  • Q.特待生入試Ⅰ期を受験し、Cランクの結果が出ました。もっと減免額が多いランクを狙いたいのでⅡ期の特待生入試を特待生認定試験として受験することはできますか?
  • A.受験することはできません。特待生認定試験は特待生入試以外の入試(推薦・AO・一般・社会人)で合格した方が対象の制度です。
  • Q.AO入試Ⅰ期で合格しました。特待生認定試験としてⅠ期・Ⅱ期の両方にチャレンジすることはできますか?
  • A.特待生認定試験をⅠ期・Ⅱ期両方受験することはできません。いずれかの日程で1回のみチャレンジすることができます。
  • Q.なぜ特待生認定試験で特待生に認定された場合は、授業料減免が後期分なのですか?
  • A.特待生認定試験受験者は、すでに他の入試で合格しているため、通常の学納金振込用紙が入学手続書類と共に送られています。前期分の学費に関してはそちらで納入していただき、新たに特待生として認定された分の減免は、1年次後期の学費に反映させていただきます。