【体験入学レポート☆血液検査】東武医学技術専門学校 臨床検査科

2月2日(土)、体験入学を開催しました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

今回は血液検査の一つである血液形態学の検査を体験しました。
採血された血液(検体)が実際の検査室ではどのように検査されているかや、血液中にはどのような血球があるかなどの説明を聞いた後、引きガラスを使ってスライドガラス上の血液を薄くのばす作業(血液薄層塗抹標本作成)を行いました。この標本作りは技術が必要な作業で慣れるまでは難しい作業のため、簡易的な方法での体験となりましたが、参加者のみなさんは初めてにもかかわらず上手に作成できました!

作成した塗抹標本を染色して血液中に存在する血球を顕微鏡で探しました。
参加者同士顕微鏡をのぞきあいながら、それぞれ形態の異なる血球(赤血球・白血球・血小板)を観察することができ、充実した一日になったのではないでしょうか。少しでも臨床検査技師の仕事に興味を持っていただけたら幸いです☆

次回の体験入学は3月24日(日)、春の臨床検査体験ツアーです。
一日でさまざまな検査をツアー形式で体験できる、1年に1度のスペシャルなイベントです!
進路のことを考え始めた新2・3年生のみなさん、ぜひともお気軽にご参加ください♪

参加申し込みはこちら

  • 引きガラスで血液を延ばし…

  • 3種の液に浸して標本を染色!

  • いろいろな血球が観察できました♪